現場Repo

今、こんな塗装をしています。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 屋根塗装
  4. トタン屋根(瓦棒屋根)塗装
スチールトタン屋根塗装前

トタン屋根(瓦棒屋根)塗装

■使用塗料
錆止め塗料=ハイポンルーフデクロ(日本ペイント) →日本ペイント ハイポンルーフデクロサイト
中塗り・上塗り塗料=シリコンルーフⅡ(日本ペイント) →日本ペイント シリコンルーフⅡサイト

 

・トタン屋根=亜鉛メッキで覆われたスチール鉄板製の屋根の総称です。
・瓦棒屋根=スチール鉄板を芯木という木材を間に入れてつくる屋根です。芯木を入れずにスチール鉄板を重ね合わせる方法もあり、目と金属が触れ合う(電触)と錆が発生する事から最近では芯木を入れずに重ね合わせていく方法が多いです。
・ガルバリウム屋根=亜鉛メッキスチール鉄板の代わりにガルバリウム鋼板を使用している屋根の総称です。
・立平葺き・横平葺き=材料を縦に並べる方法を立平葺き、横に並べる方法を横平葺きと言います。それぞれにメリットデメリットがあります。

1,塗装前とケレン

かなり錆がまわっている状態のスチールトタン屋根です。錆を出来るだけケレンで除去していきますが、やり過ぎると穴が開いてしまう可能性もあるので慎重にケレンがけしていきます。スチール鉄板は薄いものが多いので錆がまわりきる前に塗装するのが必要です。

2,錆止め塗装と中塗り塗装

錆止め塗装をして中塗り・上塗り塗装と進みますが、注意しないといけないのが中塗り・上塗り塗装で使用する塗料には錆を止める性質はないという事です。あくまでもトップ塗装(中塗りや上塗りに用いる仕上げ塗装)は紫外線や雨水に対して防御する役目を担うものであって錆を止めるものではありません。錆止め塗料が錆の進行や錆ないようにするものです。錆止め塗装した塗膜を守る為にトップ塗装をすると思ってもらって大丈夫です。スチール鉄板を含めた鉄部には必ず錆止め塗装をする必要があります。

3,上塗り塗装と仕上げ

上塗り塗装をして完工になります。錆がかなりまわっていたのでケレン後にどうしても出来てしまう凹凸は解消出来ませんでしたが、美観の復旧とスチールトタンを保護する事は十分に出来たと思います。スチールトタン材は薄いので温度差によって膨らんだり凹んだりするのでスチールトタン専用の塗料を用いることも必需です。今回使用している塗料はシリコンルーフⅡ(日本ペイント)です。